盛岡市議会議員 中野孝之助

中野孝之助

ホーム  >  活動報告

活動報告

中津川の鮎釣り解禁です

2017.07.13

dsc_0832

いよいよ中津川の鮎釣りの解禁です。

市役所主催の鮎釣り教室は、定員30人に対して、倍の60人の応募があったそうです。

六月の市議会一般質問で、鮎の放流量を倍増し、川に往年の活気を取り戻す工夫を、提案いたしましたが、今日ばかりは、鮎を釣り上げる歓声が、中津川を覆っていました。

川が賑わうのは、盛岡に住む我々には、うれしいことですね!

馬路村へ視察に行きました

2017.07.13

dsc_0879dsc_0863

高知県馬路村は山の中です。

高知市からバスで海岸沿いを1時間、更に内陸へ川沿いに30分入ったところが目的地です。

辺りは鬱蒼とした杉林の中を安田川という清流が流れています。平地は全くありません。

人口千人の村です。ここがゆずの産地で有名になったのは、ゆずの加工食品を数多く手掛け全国に販路を拡大した、地道な努力と卓越したアイディアの賜物であることが、実際現地に行ってみて、納得しました。

商品に間違いないのは当然のこと、商品紹介のパンフレットに思い切ったイラストを採用したのが転機になったそうです。

一時は赤字続きでジリ貧の中からの起死回生の復活劇で現在は黒字経営とのことです。

このドラマの中の秘密を捉えきれるかが、商品開発を進める我々の、大きな課題です。

錦木関おめでとうございます

2017.06.29

dsc_0822

先場所十両優勝の錦木関が、一場所で幕内に復帰です!


激励会で握手をしましたが、分厚い大きな手でした。この手で、幕内のご活躍を期待しています。

仙北中学校に行って来ました

2017.05.21

dsc_0746dsc_0745

先日、今年度第1回目の仙北中学校教育振興推進会議が開かれ、久しぶりに生徒の授業を参観しました。

1年生から3年生の授業を次々8クラスほど参観しました。

感心したのは、先ず先生の声の大きさです。生徒全員に聞こえるように、ハッキリとゆっくりかつ大きな声で話すのは、しかも授業時間は40分です、なかなか力量の要ることです。

生徒が見ている教科書も私の時代から比べると、カラフルで見やすい内容に工夫されているようです。

生徒の皆さん、自身を持って大きな声で力強く答えてくださいね。皆さんの可能性は無限です。

それにしても、学校の勉強机はあんなに小さかったんですね。当時は全く気になりませんでした。

先生方の頑張り、本当にありがとうございます。

中津川の清掃活動お疲れさまです

2017.05.13

dsc_0719dsc_0727

雨模様の中、中津川富士見橋付近の清掃活動が行われました。

高校生を中心に、約70名が参加し、川原にはびこる外来のオオハンゴウソウを駆除しました。

富士見橋一帯の川原は、昨年岩手河川国道事務所が中洲の整理を行い、市街地の河川として手入れが行き届いた、広がりのあるゆったりした空間で、心が落ち着く場所になっています。

先年秋に、関西の友人達が盛岡を訪れ、中の橋から鮭の産卵を見てもらいました。友人たちは口々に、「市街地のど真ん中にこんな場所があるなんて信じられない」「素晴らしい」「北海道にいかなくても鮭の産卵を見ることができるんだね」と興奮して話していました。

この素晴らしい盛岡の財産を、私たちの手で守り慈しんで行く幸せを、ゆっくり噛み締めたいものです。

清掃活動お疲れさまでした!

玉山日戸おおやま桜祭り

2017.05.07

dsc_0702dsc_0705

日戸のおおやま桜が咲きました!

日本一のおおやま桜の名所にと、一万本の植樹をした山は、今年も見頃の季節を迎えました。

今日は開会式に続きおおやま桜の記念植樹も行われ、会場は大いに盛り上りました。

地元日戸の方々も出店し、山菜、蕎麦、焼き鳥等々楽しいお祭りに、地域の意気込みが感じられ、何十年後かの全山桜に覆われた見事な山を是非とも見たく、楽しみがまた一つ増えました。

米内光政閣下命日

2017.04.20

dsc_0671dsc_0675

今日は米内光政閣下の69回目の命日です。

終戦に尽力され日本を救った盛岡出身の偉人です。

父が戦後盛岡市内の上衆小路のバス停で偶然お会いし 、お話をした事を、子供の頃から聞かされていました。

その時、閣下はまだ二十代半ばの父に「これからの日本をつくるのは若いあなた方です。」と激励をいただいたそうです。

閣下の書を拝見すると、その器の大きさが現れており、お人柄が偲ばれます。

救国の先人を語り継いでいくことが、今ある私たちの責任であると思います。

 

入学式

2017.04.10

dsc_0651

今日は仙北小学校の入学式です。仙北中学校、向中野小学校と続いた一連の入学式の最後です。

中学生は新しい制服に、初々しさを感じると共に、頼もしさも感じられました。

小学生はさすがにまだまだ小さくて、本当に可愛いほうが先行します。今日からの一年間大丈夫かな?と思いつつ、「頑張れ👊😆🎵」と応援してしまいます。

新入学生の激励に、小学校2年生になったばかりのお兄さんお姉さん達がダンスを披露してくれました。力強い活力溢れるダンスに、わずか1年で、こんなに成長するのかと目を見張りました。

新入学生の皆さん、交通事故などに会わないように気を付けて、楽しい学校生活をおくってください❗

鉈屋町のひな祭り

2017.04.09

dsc_0640dsc_0647

鉈屋町のひな祭りに行って来ました。

少し肌寒さが残る午前中でしたが、なかなかの賑わいでした。

出店も沢山並び、甘酒やお好み焼き、焼き鳥、がんづきなど覗くだけでも楽しいお店です。

お雛様は、各家の常居に豪華に綺麗におしとやかに、それぞれの特徴を生かし飾られていました。

鉈屋町は、訪れる度にどこかが進化しています。人が集まるところに新しい活気が生まれているようです。

通りを歩いてると雲が割れ、春の日差しが暖かく、思わず空を見上げました。

消防番屋の素敵な望楼が、錯綜する電線の向こうに見える景色は、少しもったいない感じがしました。

もりおか中津川サケ物語

2017.04.04

dsc_0636dsc_0638

盛岡の中心地を流れる中津川は、秋になると鮭が遡上してきます。

私たち盛岡市民は、中津川に架かるお気に入りの橋の上から、鮭の雄姿を、産卵の様子を覗き込みます。ひときわ大きな雄の鮭は、雌に集まる他の雄を盛んに追い払います。

こんな自然の営みを、買い物帰りや通勤の途中に、街の真ん中の橋の上から見ることが出来ます。

この中津川の鮭の一生を盛り込んだ冊子が出来ました。

企画、編集、発行は「もりおか中津川サケ物語編集委員会」です。

国土交通省岩手河川国道事務所のバックアップをいただき、中津川にそれぞれ一家言ある人達が集まって、作り上げたものです。私も、色々意見を述べさせていただきました。

この冊子は、今年度には市内の小学校に配布されるとお聞きしています。将来を担う子供たちに、地元の中津川の持つ豊かさを知ってもらうきっかけになれば、冊子作成に集まった皆さんも納得と思います。