盛岡市議会議員 中野孝之助

中野孝之助

ホーム  >  活動報告

活動報告

全国市議会議長会研究フォーラム

2016.10.28

dsc_0422dsc_0361

10月19日から20日にかけて、静岡市で開催された全国市議会議長会主催の研究フォーラムに出席して来ました。

全国の市議会議員約2600名が参加し、

「二元代表制と議会の監視機能」、

「監視権の活用による議会改革」、

「監視権を如何に行使すべきか」

の三つのテーマによる、充実した内容でした。盛岡市議会議員として、現状の市議会をより充実、進化させるためのヒントが随所に散りばめられ、有意義な時間を過ごした思いです。今後の活動に生かして参る所存です

新渡戸稲造博士命日

2016.10.17

dsc_0342

10月15日は郷土の偉人、新渡戸稲造博士の 命日です。新渡戸基金等の主催で、命日祭が開催されました。博士の心を如何に伝えていくかをテーマに シンポジウムが開催され、私もコメンテーターの一人として、日頃感じていることや、 行政の果たすべき役割などを提言いたしました。

コーディネーターの藤井茂先生、岩手めんこいテレビの工藤哲人さんと、楽しい雰囲気の中で語り合うことが出来たと思います。

盛岡は新渡戸稲造博士を始め多くの先人を輩出しており、今時代の転換期にある日本において私たちがどのような態度で生きていくべきかのお手本が、目の前にあると思います。

日頃のともすると怠惰に流れてしまう自分の生活を深く反省しつつ、新渡戸稲造博士の遺訓に接することができた、有意義な一日でした。

(さらに…)

国体おめでとうございます

2016.10.11

dsc_0326dsc_0316

岩手国体、選手の皆さんを始め係員、コーチ、応援団、更に地元の皆さん、本当にお疲れさまでした。そして岩手県は総合で準優勝、見事な成績です。おめでとうございます。これまでの準備がまさに大輪の花を咲かせたと思います。物事を成し遂げるには周到な計画と実行力が必要なことを、改めて思いました。心して物事に取り組みたいと、思いを新たにしました。それにしても、天候に恵まれた素晴らしい大会でしたね。

国体期間の国旗掲揚

2016.10.04

dsc_0308

岩手国体が始まり、連日選手の皆さんを始め係員など関係者の方々は大奮戦されていることに敬意を表します。10月2日には天皇皇后両陛下の御臨席を賜り、体操競技が行われました。大変畏れ多いことであります。大会会場のアイスアリーナ入り口では、両陛下をお迎えする人々が日の丸の小旗を手に手に笑顔の波でした。思い返せば、昭和45年の国体の時は、その気運を盛り上げるため街中には日の丸の旗がはためいていました。その当時を懐かしみ、我が家では国体開催期間中は日の丸を掲揚し、少しでも国体の盛り上がりにお役に立ちたいと思います。それにしても青空に日の丸のなんと似合うことか。

バスセンター仮設乗降所が運用開始

2016.10.03

dsc_0297dsc_0290

バスセンター廃止に伴い、10月1日新たにバス乗降所が運用開始しました。盛岡のバス交通にとって新しい出発の日です。バスセンターの廃止はとても残念ですが、これをチャンスにして頑張りますとバス事業者さんやバス協会の皆さんは、決意を新たにしていました。今後は新たなバスセンターの一日も早い再整備に向け、盛岡市を始め関係者の協力が欠かせません。私も盛岡の街づくりに必要な発言を続けて参ります。みんなで街中を盛り上げていきたいものです。

交通安全パレード

2016.10.03

dsc_0265

交通安全を願い9月22日仙北地区交通安全パレードが実施されました。仙北小学校マーチングバンドを先頭に、東北大会出場の仙北中学校野球部ほか参加者は100名をゆうに越え、交通安全の啓蒙を図りました。多くの方々が参加される地域力の健在に、私も勇気をいただきました。

絢爛は組の山車

2016.10.03

dsc_0255dsc_0256

八幡宮例大祭に第一分団は組は四年ぶりに山車を奉納しました。今年は8台の山車が街中を練り歩きましたが、は組の 一ノ谷鵯越の逆落し は、人馬二体の人形を配し豪華絢爛随一との評判でした。祭りはその地域が持つ活力の最も顕著な表現です。盛岡の祭りに賑わいが続くよう、私たちは確かな未来への街づくりに意を尽くしていく責任があります。

バスの日祭りイン大通

2016.09.25

dsc_0270dsc_0271

9月22日に大通りでバスの日祭りが開催されました。明治36年9月20日に京都市内をバスが初めて走ったことを記念し、毎年9月20日を全国バスの日に定めたものです。私が市役所交通政策課に在職中に始めたイベントですが、以来後輩の皆さんの努力のおかげで今や秋の恒例の行事になり、多くの親子連れで大盛況です。高齢化社会になくてはならないバス交通の確実な運行を確保していくためには、私たち利用者の協力はもちろんのこと、行政とバス事業者の叡智が必要です。

9 / 9« 先頭...56789